スポンサーサイト

  • 2008.12.19 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


心機一転

今日からこちらで始めることにしました。
最初という事で、自己紹介をしたいと思います。


管理者は私、アトラスと申します。

…この名前は、以前ラジオで放送してた『豊口めぐみ&松来未祐のラジオ「ATLUS presents めぐみゅうの神楽坂ハッピーチューナー」』を聞いてて「あっ、アトラスってかっこいいな」と思い、この名前を使いはじめました。


住所は東京都で、現在一人暮らしをしています。

…実家は仙台にあります。彼女はいません(いませんとも)。


年齢は25歳(2007年12月20日現在)、誕生日は7月13日です。

…ついに年齢が社会人3年生と同じになりました。四捨五入したら30歳です!(笑)


職業は大学院生(修士1年)で、2005年4月に仙台から編入学して来ました。

…編入学を決めたのは、大学3年生が始まる2週間前の3月下旬。そこから荷物をまとめ、東京の住むところを捜し、元々在学していた仙台の大学の退学手続を行い、大原で転入手続を行い、東京の大学の入学手続を行い、引っ越しを行うというスケジュールを1週間で全てこなしました。


しかし、大学に編入学できたのはよかったのですが、2年間汗水たらして仙台の大学で取得した108単位が、編入学した途端に70単位まで削られてしまうという衝撃的な事件が起きました。


この大事件によって、2005年は翌2006年の就職活動への負担を減らすためにも、卒業に必要な残り58単位のうち48単位を取得するはめになり、仙台にいた時と同様、また毎日3時間ずつ講義を受けることになってしまいました。


さらには6月にある日商1級、8月にある税理士試験と、人生を左右しかねない大事で難解な試験が2つあるにも関わらず、毎日3時間(計4時間半)も1年生や2年生達と混じって不足単位を取得しなければならない(その中には削られた単位の授業をやり直すという事実もあった)事態になったので、半分発狂しかねた状態が税理士試験が終わるまでの4ヶ月間ずっと続きました。

(終わった今だから言いますが、人生の中でもベスト3に入るくらいかなりハードな4ヶ月間だったと思います・・・)


尊敬している人は松井秀喜、イチロー、宮部みゆき、林原めぐみの4人です。

…特に松井選手とイチロー選手は高校からの大ファンです。あの人達のような生き方、考え方を真似したい。


とりあえずこんなところでしょうか。
後々それぞれのエピソードについて書いていきたいと思います。

何がともあれ、これからよろしくお願いします。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
カウンター
ランキング
人気blogランキングへ
勉強時間
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM